後遺障害に至るまで

交通事故の被害者になると通院や入院をすることが多くあります。交通事故の賠償の面では通院や入院が終わった時点での状況によって大きく金額が異なってくることが多いものです。まず治癒と症状固定によって大きく今後の賠償額に違いが見られます。

まず治癒についてですが、通院や入院をして治療を行っていき、けがなどが完全に治った場合を治癒と言います。全く後遺障害が残っていないので、すぐに賠償に向けて話し合いが行われます。これに対してある段階でけがなどが治らず、今後も改善の見込みが見られないと医師から判断されることがあります。

けがをして通院や入院をして治療を継続していても、そのままということはありません。相手方の保険会社もいつまでも治療を継続させることはありません。概ね6か月を目安に医師が症状固定を言い渡すことが一般的です。症状固定は症状が固定してしまい、これ以上改善が見られないということです。ですから一般的に症状固定になると後遺障害認定の作業を行うかどうかを決定します。

後遺障害が残っており、その認定を受けるためにはまず後遺障害診断書を作成します。これは後遺障害の認定作業を行っている国の機関に提出するものですが、医師が作成をします。これや今までの画像などを添付して国の機関に提出します。その後に後遺障害に認定されるかどうかが決定されます。また後遺障害が残っていても診断書を作成しない場合には、賠償に向けての話し合いになっていきます。